柏木昭男の生涯

柏木昭男氏は、年間1億ドルを稼ぐほどの成功した実業家でもあったため、お金のためにギャンブルをしていたとは言い難いでしょう。お金ではなく、ハンドごとに味わえる興奮によって、ギャンブルへと掻き立てられ、見事な結果を残していました。柏木氏は1938年生まれなので、この金額はたいへんなものです。

もし柏木氏がバカラに出会わなければ、ビジネスで挙げた実績によって一時的に人々の記憶に残り、そしていずれは忘れ去られたことでしょう。しかしカジノでの功績により、今日までも語り継がれる存在となったのです。今回のブログでは、柏木昭男氏と彼の人生について、興味深い事実をいくつかご紹介します。ぜひ、この大胆なギャンブラーについての驚くべきストーリーをお楽しみください。

背景

柏木氏は第二次世界大戦を生き抜いた後、自身の中に反骨精神が育っていきました。無性に何かに反抗したい場合、ギャンブルが違法の国でギャンブルをすることほど適した方法があるでしょうか。日本にカジノはなかったものの、柏木氏がやったことはまさしくそれでした。しかし、ただのギャンブラーではありません。当時、不動産会社「柏木商事」を経営しており、非常にビジネスは好調だったため、ギャンブルで大成功を収めなければというプレッシャーはありませんでした。そうとはいうものの、ギャンブルでも見事に成功していったのです。

周りから見ると、柏木氏は誰もが夢見るような人生を送っていました。芸者あがりの美しい妻を持ち、3人の子どもに恵まれた成功した実業家でした。幸せで、健康で、お金持ちで、すべてが完璧に見えていましたが、柏木氏の暗い秘密を知る者はいませんでした。

そして柏木氏は、アメリカに行くことを何よりも望んでいました。ラスベガスやアトランティックシティのほとんどのカジノオーナーは、柏木氏について知っていたので、特別待遇で彼をもてなしました。

ギャンブル

無類のギャンブル好き

一攫千金に導いてくれたゲームはバカラだと言うプレイヤーはそう多くはありませんが、柏木氏はその数少ないうちの一人でした。しかしいつも勝っていたわけではありません。カジノオーナーは、ゲストの滞在時間が長くなるほど、お金を巻き上げるチャンスが増えることを数字として知っています。ですから、柏木氏にもそうしようとしました。

あるカジノオーナーの話では、柏木氏が搭乗する飛行機のパイロットにお金を払って、飛行機に技術的な問題があると嘘をつくよう指示し、彼がカジノに残ってさらにギャンブルをするように仕向けたそうです。この計画はうまく成功し、柏木氏はカジノで時間を潰すしかなかったので、さらなる数時間で多額のお金を失いました。

噂では、そのお金を手に入れるのはさほど簡単ではなかったと言われています。いくら礼儀正しくて話しやすいと言われている柏木氏でも、借金を返すハメにはなりたくなかったようです。

未解決殺人事件

ある時点まで、柏木氏の人生は多くの人々の羨望を集めていました。しかしある朝、突然遺体となって発見されると、彼の人生の大きな秘密が明らかになったのです。この事件は未解決のままですが、刀のような刃物で150カ所も刺されていたことを考慮すると、おそらくヤクザが彼の死に関与していたのでしょう。

抱えた借金をヤクザから借金することで返済したものの、彼らは一部のアメリカのカジノほど寛容ではなかったのです。

柏木昭男氏は、悲劇的な最後を遂げましたが、彼の人生は今でも刺激を与えてくれます。農家で育ち、大成功を遂げた柏木氏の人生は、決して色褪せることはありません。